なんと!一回で収まってしまうのはめずらしいのではないでしょうか。利便性は完全に無視しているスタートから始まり、海外でも人気のある『龍が如く 極』にズバッと収まったのです。

では主人公の桐生一馬みたいに語ってみましょうか。キャストに素人を入れて臨場感を出しているのは、製作側の狙いなのかもしれません。それとも話題のための布石である可能性も捨て切れませんでした。察するとか高等な技術を無く、何も考えずに行動してしまうのです。

ドラマはもう二回目にもかかわらず、してしまうのが明らかな証明です。何よりも返り血がリアルで警防で殴っている感触が伝わってきます。実際は避けようとしているのでしょうが、意地や幹部が許してくれそうにもありません。解体に手間が掛かる場合は、ノコギリではなく電機で動くカッターで切断します。

もちろん一般人にはできないので、自ら押さえつけて行なうそうです。なかには妙な者を持っている人物も含まれているでしょうから、ゴム手袋などを付けて作業します。命じられている方としてはただの後始末なのでしょう。


独自のコンセプトを貫いているセガですが、タイトル画面や街中でロゴがよく目立っています。自社製であることを強調したいのでしょう。和風テイストに仕上がっているので、日本を知らない(または海外のイメージをもっている)人にとっては斬新な響きです。

スキンベッドのヤクザや繁華街などは体表的な例でしょう。そして気になっている新しいシステムに「どこでも真島」があります。おかけで兄貴にいつでも合えるようになりました。マンホールにまるで某配管工のように隠れている真島組長なのであります。

下水道にはネズミとかゴキブリなどが隠れているのに平気でいるのが流石です。武器としてバイクを持ち上げて振り回すのはよくありません。大抵はカブなのですが、リアルに乗っている身としては複雑な心境です。
PR