AKB48で可愛いのは誰でしょうか。しかしこれは明確な判断基準が無く、選挙などの大型イベントで特定の個人だけを上位に押し上げている人によっては、それこそ意見が分かれるでしょう。


単純に顔だけで決める事もできるでしょうし、水着姿や歌唱力も含めると話は複雑になってきます。

また卒業してしまった前のメンバーも入れると、更に悩んでしまうでしょう。特に年齢が上になってくると印象も変わってくるため、久しぶりに見たからガッカリしてしまったり、逆に今の方が断然よいと感じてしまう人もあるでしょう。

そして扱いの難しいのは、卒業後に名を変えて違う女優としてデビューを果たしたメンバーもあるのです。けれども最近では驚くほどめずらしいような事件ではありませんが、客席から応援していたファンにとっては複雑な心境になるでしょう。それに対して歓迎している紳士も存在していますが、元アイドルとしてどうなのでしょうか。

またソロ活動をする事で以前より可愛くなっている場合があり、とても輝いています。女優としてはAメンバーの小嶋陽菜だと言われています。確かにステージ衣装や水着でもスタイルのよさが際立っています。

例え無理をしてでも候補の中に加えると言う事で、AKB48の宮城代表の佐藤朱が適任であると信じています。ではチーム8オリジナル曲である『あまのじゃくバッタ』を聞きながら次回へと行きましょう。



PVのロケ地は砂浜のしかも晴天で、野外の撮影だからライトは関係ないと思っている人はあるでしょう。

しかしながら海でAKB48が水着で歌っているの姿には、驚く努力と演出がしてあるのです。最初に声がかき消されないような環境と、更には波が穏やかな天気のよい日を選ばなくてはなりません。

イメージとしては南国を連想させるようなヤシの木などがあれば見栄えがグッとアップするでしょう。状況と曲がマッチしているのが最低条件であって、撮影するカメラマンの手腕が問われます。

現場の近くに川があると上流にある下水道からにおいがしてきます。作業員やスタッフそして浜辺でダンスしているアイドルにしかわからない情報ですが、確かに気になってしまいます。しっかり浄化されているので淡水が含まれた普通の砂浜と大差ありません。詳しくはこちらの財団法人・宮城県下水道公社のホームページをご覧ください。

浜辺だけに近くまでカニとか貝、もっとも注意すべきクラゲが流れ着いています。AKB48の露出度が高いビキニになるとそれらの生物に刺される面積が多くなっているため、注意が必要です。

普段のレッスン室とは違い、砂浜という足場は我々が感じている以上に動きにくく、転倒してしまうアクシデントもあります。幸いにショックを吸収してくれるので重大なケガにはつながりません。スタジオと違って海岸での撮影はまた違うのでした。
PR